婚約指輪と結婚指輪は慎重に選ぼう|2人で築く大事な輪

男女

いろいろな購入方法

リング

婚約指輪と結婚指輪は、贈るタイミングも違えば、専門店での扱いも違います。婚約指輪は結婚指輪よりもやや高めで販売されていることが多く、現在30万前後が婚約指輪の相場だと言われています。もちろんもっと低い金額で販売されているものもあるので、ピンキリと言えるでしょう。結婚指輪と同じように、ダイヤモンドが装飾されたタイプの指輪が一番人気です。基本的に石の種類やアームの材質などに決まりは無いので、予算や好みに合わせて決めるとよいでしょう。形状や色なども様々な種類があり、オーダーメイドも可能です。婚約指輪を相手に渡すタイミングも具体的に決まっていません。ただ、注文してから受け取りまでに約2ヶ月、長くて3ヶ月かかることもあるので、余裕を持って注文しておきましょう。

婚約指輪には、「既成品」、「セミオーダー」、「フルオーダー」の3つの購入パターンがあります。既成品はその名の通り、デザインや石が全て完成された状態のことを言います。最も時間がかからず、場合によってはその日で受け取ることも可能です。セミオーダーは、ダイヤや石、アームのデザインやデザインを自分で自由に選択して組み合わせる形式のことを言います。前もって予算を伝えておけばきっちり予算内に収めることができます。注文してから2ヶ月くらいで引き渡してもらえるので、注文するタイミングに注意しましょう。フルオーダーはデザインや石、アームの材質など、全ての部分を自分で一からオーダーする形式となっています。完成図を上手に描けなくても、希望を伝えればプロがデザイン画に描き起こしてくれるので特に心配する必要はありません。注文から引き渡しまである程度の長い期間を要しますが、世界に1つだけのオリジナル婚約指輪を製作したいカップルには最適なタイプと言えるでしょう。